秘書検定は就職に役立つ?

私は秘書検定三級、二級を大学時代に取得しました。

秘書検定は、この就職・転職に役立つ資格ランキングでもランクインしています。

大学では検定時期前に秘書検定の対策講座を放課後開かれていましたが、それだけではなく、資格取得用の教材を購入し、自宅でも勉強していました。

秘書検定は、個人的に、二級までならそれほど難しい資格ではありません。

ところどころに上司のサポートとして働く、イメージ通りの秘書といったふうの内容の問題はありましたが、大体が社会人として知っておくと特であり、少し自慢できる程度の一般常識的な内容で、社会人初心者でも抵抗なく学べる内容だったかと思います。

テレビでよく見かけるような、一般常識クイズのような番組が好きな方なら、むしろ楽しんで勉強ができるかと思います。

先述のように、いかにもイメージされるような秘書としてのあり方についての問題は、確かに少し頭を悩ませるかもしれません。

上司の言葉に、どう返事をすればいいのか、一般的な社会人としてのやりとりだけでは少しだけとっつきにくいものもありました。

丁寧すぎはしないだろうか、丁寧すぎてむしろ無礼ではないだろうか、そういった迷いどころの生まれる選択肢が並んでいました。

しかしその部分のクセをつかんでしまえば、あとは普通の仕事、普通のアルバイト、普通に学校に通っていた経験で自分より目上の方と話す時に必要になる礼儀作法がある程度しっかりしていれば、頭を悩ませるようなものではありません。

普段から人と接する時の礼儀が丁寧だと言われるような方であれば、難しいことはほとんどないのではないか、これが私の秘書検定におけるイメージです。

バイトをしたり、働いた経験のある方には、今までの仕事よりも自分をランクアップさせたいときにおすすめしたいです。

まだ学生の方などには、事前準備の、少しレベルが高いものとして取得しておけば、まず上司や同僚から礼儀がなっていないと言われることはないかと思いますし、実際に私がそうでした。

少しお堅いイメージがあり、秘書になるつもりがないならいらないのではないか、そう思われていそうな秘書検定ですが、人間として少し賢くなりたいな、きちんとした会話や作法を身に付けたいなと感じる方には、ぜひ挑戦していただきたいです。

たとえこの資格をフルに使うような、まさに秘書という仕事につかなくても、得た知識は絶対に無駄にはならない、そんな資格だと私は思います。

セキスイハイムの軽量鉄骨住宅

軽量鉄骨で建てようと思っていましたので、セキスイハイムの展示場へ行きました。

木造住宅は火事に弱いというイメージがあったので、軽量鉄骨を考えていたのですが、後で色々調べてみると、木造住宅でも最近はそれなりに火事に強い住宅が建てられると知りました。

軽量鉄骨だとどうしても木造住宅に比べて、住宅の重量が重くなってしまうので、地盤のしっかりした土地じゃ無いと難しいという話を聞いたことがあって少し心配でしたが結果としては大丈夫でした。

セキスイハイムはCMでも馴染みがあったので候補の中には入っており、実際展示場を見てみると家もすごく良かったのです。

私の住む地域は冬の寒さが厳しいので、暖かいのはすごく重要なポイントでした。断熱材にも色々こだわっているそうで、ビックリしました。

そして暖房設備も進化していて、部屋だけでなく、廊下やトイレ、風呂場、洗面台、玄関まで家全体が同じ温度で保たれる。というのもすごく魅力的なポイントです。

高齢者もいるので、冬の寒暖差は危険がつきまといますので、そこにも惹かれました。

そして何よりも担当の方が本当にすごく親切で、親身になって下さいました。

家という大きな買い物ですから。と、決して決断を急かしたりもしないし、仙台のセキスイハイムの工場の見学にも招待してくださり、セキスイハイムという会社の自信と誠実さをとても感じられました。

工場の中は実際に作る過程のレーンを見せて頂いたり、外が凄くても中はどのぐらい暖かいか。等、大人も子供も楽しめるようなブースや、ちょっとした遊びが出来るブース等、工場見学というよりは科学館や博物館のような所に遊びに来て、家の事をたくさん学べる!という感覚ですごく楽しく勉強になりました。

家の骨組み、暖房設備、断熱材などの入れ方が分かる等身大模型もあったり、本当にワクワクしました。

しかし、私達が思う間取りだと、セキスイハイムのユニット式の建築方法ではなかなか実現が難しく、そこは妥協出来ない部分だったほで契約までお願いする事はありませんでした。

しかし、お断りした後からも挨拶に来てくださったり、すごく素晴らしい担当者でした。

また家を建てる機会があったら候補に入れたいな、と思う会社です。